化粧水や洗顔料に気を付けて対策

私はメーカー事務で働いている30代前半の女性ですが、中学生の頃からずっとニキビに悩まされてきました。

最も辛かったのは高校3年生の頃です。

受験勉強でストレス過多だった私の顔は、おでこからアゴに至るまでニキビだらけでボロボロでした。

赤みが引かず、ニキビあとのクレーターでデコボコした顔。

多感な思春期の私は自分の顔を見られるのが恥ずかしく、つねに俯いたり髪で顔を隠したりしていました。

そのうち耳の中やまぶたの上、鼻の穴の中にまでニキビができるようになり、さすがにこのままではマズイと思った私はニキビ対策の本を読み、徹底的な改善を試みることにしました。私がニキビ肌を改善するために行った以下の通りです。

・夜の7時以降は絶対に飲食しない

・洗顔料は弱酸性で、アクネ菌の除去効果があるものを使用

・チョコレートやケーキやナッツなど、脂っこいものは極力摂取しない

・腸を綺麗にするために水を多めに飲み、便秘を解消しました

・こんにゃくゼリーを1日に2個ほど食べる。

これらのニキビ対策は現在までずっと続けていますが、効果はてきめんたっだようで、20歳をすぎたあたりからほとんどニキビはできなくなりました。

今でも生理前や下痢や便秘が続いている時などには、どうしても3つほどニキビができてしまいますし、肌生地も荒れ気味にはなってしまうのですが、昔に比べたら奇跡のようなお肌になれたので十分満足しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です